キャッシングの取り立てってあるの?

キャッシングには、「怖い」「関わらないほうがいい」と言ったマイナスイメージがつきものです。 なぜでしょう?それは、テレビドラマや映画、漫画で見かける取り立てによる影響が大きいのではないでしょうか?

「借金の取り立て、って、やっぱりくるのかな?」「自宅や職場に怖い人が押し入ってくるんじゃないの?」

そんな印象を持っていませんか?じつは、賃金行法で取り立て行為の中には違法な行為だと定められているものもあるため、キャッシングを利用してもドラマのような取り立てに遭遇することはまずあり得ません。多くの方が抱いている取り立ての暴力的なイメージは、あくまでイメージ上での話なのです。

違法な取り立て行為をした場合、違法行為として罰せられてしまいます。このことから、きちんと認可されたような消費者金融であれば、まずドラマのような取り立て行為をすることはないのです。

とはいえ、お金を返さなくても大丈夫、というわけではありません。消費者金融も貸したお金を返してもらわなければいけない立場ですので、可能な限りの手段で返済をさせようとしてくるでしょう。

違法な取り立て行為はなくとも、職場や自宅に、日に何度も連絡が入ってくることもあり得ます。すべての取り立て行為が禁じられているわけではないので、借金を返さなければ当然、なんらかの取り立てに遭遇することとなるのです。

たとえば、夜逃げでもしてしまえば、このような電話から一時的に逃れられるかもしれません。しかしこれは、正しい対処法だとも言えませんね。

このような状況を回避するためには、やはり滞らせることなく返済を続けていくしかありません。当たり前のことなのですが、消費者金融からの連絡を避けるには一番の手段です。取り立てを食い止めるためにも、大前提として、月々の返済をこなしていきましょう。

また、もしも取り立てに困ってしまう状況に立たされた場合、弁護士や司法書士など法律家に相談しましょう。債務処理の手続きをスタートさせれば、消費者金融からの取り立てはできなくなります。

このページの先頭へ