薬剤師が行う調剤業務の中身とは?

薬剤師が行う調剤業務の中身とは?

一般的に、調剤という言葉からイメージするのは、薬剤師さんが処方箋に基づいて錠剤を選んだり、小分けにしてパッケージングしている姿ではないでしょうか? 確かに、これらの調剤業務の一部に違いありませんが、錠剤を数えたり、粉薬を計って小分けにするといった業務だけが調剤ではありません。

調剤とは、医師が記載した処方箋を見た上で、薬学的・法的に問題がないか検討・確認することから始まります。そして、確認後問題がなければ処方箋に基づき薬を調製し、患者さんに手渡すということになります。 この一連の流れがすべて調剤なのです。

調剤で重要となる処方箋とは、医師が患者さんの病気治療のために作成する、薬剤師に向けた薬の調合・服用法に関する指示書を指します。 なお、処方箋に記載する項目は法律で以下のように定められています。

処方箋へ記載する事項:患者氏名・年齢・薬名・分量・用法・発行年月日・医師の署名捺印又は記名 また、処方箋には「外来処方箋、麻薬処方箋、注射処方箋、入院処方箋」といった種類が存在します。

調剤において、処方箋確認時に問題がなければ調製に入りますが、内容にミスト思われる部分や疑問点がある場合は、自己判断で調製を行ってはならず、必ず医師へ報告をする必要があります。

調剤のミスは、万が一にも起こってはならない事のため、正確かつ丁寧な作業が求められます。また、調剤した薬剤師と別の薬剤師がダブルチェックを行う「鑑査」などのシステムも取られており、ミスを事前に防ぐための工夫もなされています。

調剤の流れを簡単にご説明すると「諸商戦のチェック(処方鑑査)」「薬袋の作成(患者氏名・薬名・用法・用量・調剤年月日・調剤薬剤師の氏名・調剤した場所の名称・所在地を明記)」「調製」「鑑査」となります。

一口で調剤と言っても、一般的なイメージ以上にその内容は濃く、調剤し一人では完結することが出来ない業務となっています。そのため、調剤においても医師や他の薬剤師と協力して円滑な業務が行えるコミュニケーション能力が重要となります。

↑ PAGE TOP