キャッシング審査に通らない人の条件とは?

キャッシングの審査に、何度も落ちてしまう方がいらっしゃいます。「年収も少なくないし、職業も安定している。なぜ審査が通らないのかわからない!」と感じている方は、以下の条件に当てはまっていないかを確認してみてください。

また、当然のことですが、たとえ審査に通らないからといって事実とは異なる申告をすることは絶対に避けてください。申告の内容に偽りがあったとばれてしまうと、その審査はまず通りません。

審査に通りたくて行ったことで、逆に審査を通れなくしてしまうのであれば、これほど本末転倒なことはありません。

《キャッシング審査に通らない人の条件について》

⑴他のキャッシングを3つ以上利用している最中である。

⑵他のキャッシングから借り入れた金額が、年収の三分の一をオーバーしている。

⑶これまでに、返済の滞納をし過去がある。

⑷債務整理や代位弁済をした過去がある。

⑸スマホや携帯の機種代の支払いで、滞納してしまった過去がある。

⑹勤務先の在籍確認がでいなかった。

⑺勤務年数が半年や一年未満など、極端に短い。

⑻消費者金融や暴力団など。

キャッシングへの申し込みをする前に、前もって自分はキャッシングが利用できるか否かを確認しておきたいものですよね。

他のキャッシング利用を防いだり、キャッシングへの返済を続けることで実績を作ったり・・・、と言ったことも大切ですが、大前提としてまず、そもそも利用条件に当てはまっているのかを確認しておきましょう。

これはどこのキャッシングを利用するかによって変わりますが、年収の条件や(×××万円以上)、専業主婦の可・不可について、また年齢制限など、審査するまでもない利用条件があるはずです。しっかりと確認しておきましょう。

また、審査の目安として、キャッシングの公式サイトで行われている診断のお試し版をしてみることもお勧めします。このお試し版でパスしたからといって、本番の審査で必ず通るという確約はありませんが、 実際に申し込みや審査へ進む前に一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?

このページの先頭へ