同居人にキャッシング利用を知られたくない!

お金にまつわるトラブルは、大変プライベートな問題ですね。キャッシングを利用しようとお考えの方のほとんどは、周囲にキャッシングの利用が知られない様にしたいと考えているはずです。

よっぽどオープンな性格をしていない限りは、自身の金銭的な問題を明け透けに誰にでも話すなんて事はしないはずですよね。

知人や友人、親戚はもちろん、ケースによっては、たとえ家族であってもばれたくない!とお考えの方もいらっしゃるでしょう。同居する家族にもばれずにキャッシングを利用する事は、果たして可能なのでしょうか?

同じ屋根の下で暮らす同居人にキャッシング利用がばれてしまう原因といえば、郵便物や明細書など、キャッシング利用の証拠となってしまうものが自宅に届いてしまう事が考えられるでしょう。

契約時の書類やカードローン、また明細書などが自宅に届いてしまう・・・、といった、これら郵送物の問題をクリアしなくてはいけませんね。

また、銀行通帳の記帳によってばれてしまう事も考えられます。これらの問題を解消させるためには、以下の様な手順でキャッシング利用を進めてみてください。

⑴使用の申し込みは、書類が家に届く事のないインターネット申し込みを利用する事。

⑵カードローンや明細書が自宅に届いてしまうのを防ぐために、契約は店舗か、或いは無人契約機を利用する事。また、審査終了にくる連絡の段階で、店舗か無人契約機での契約を伝えておく事で、自宅へ郵便物が届いてしまう事を避ける事。

⑶審査終了の際にくる電話で、カードを取りに行く旨を伝えておく。

⑷通帳記帳や利用明細による家族バレを防ぐため、借入や返済は必ずATMで行い、通帳も新たに作ったものを使う。

家族には、できるだけ隠し事のないようにしたいものです。とはいえ、お金の問題は大変プライベートで、かつデリケートな問題ですよね。

以上の方法で、家族や同居人へキャッシング利用がばれてしまわない様に工夫しましょう。家族には知られず、この度の金欠をうまく乗り越えてくださいね。

このページの先頭へ