薬剤師とフィジカルアセスメント

薬剤師とフィジカルアセスメント

入院中の患者さんの体温や脈拍、血圧を測定する「バイタルサインチェック」 このチェックは病棟看護師が行う業務として知られますが、最近では、病棟薬剤師が入院患者の服薬指導を行う際に実施するケースが増えてきました。

こういった流れを受けて、近頃は薬局薬剤師に向けたバイタルサインチェック研修も行われるようになり、薬局側もこの研修を積極的に実施しています。

現場では「薬剤師が聴診器などの医療機器を使用するのは、医師法違反ではないのか?」といった疑問も聴かれます。確かに、病院薬剤師・調剤薬剤師を問わず、薬剤師が患者に触れることはタブーとされる認識があったのは事実です。

しかし、現在では診断目的ではなく、医師の業務軽減、患者さんのQOL向上に繋がるのであれば、バイタルチェックをはじめとした行為を、一定の条件下で認めても良いのではないか、という認識が広がりをみせています。

また、薬剤師が行える業務について、厚労省の「チーム医療の推進に関する検討会」は、「外来患者に対するインフォームドコンセントヘの参画と薬学的管理「在宅医療を含む患者への薬学的管理(副作用状況の把握、服薬指導等)」と報告書に記載しています。

このことによって、薬剤師が行うバイタルサインチェックなどの「フィジカルアセスメント」とは明確に区別され、医療行為ではないという解釈がなされることとなりました。

薬剤師が実施するバイタルサインチェックは、患者さんに薬の情報を的確に提供するための「薬学的管理の一環」と考えることができるためです。 また、厚労省医政局長通知では、薬剤師が行うことができる具体的な業務例として、以下のものを示しています。

薬剤の種類、投与方法、投与量、投与期間等の変更、検査のオーダーについて、医師・薬剤師などによる事前に作成・合意されたプロトコルにおいて、専門的知見の活用を通じ、医師などと協働し実施すること 薬剤選択・投与方法・投与量・投与期間について、医師に対して積極的に処方を提案すること 薬物療法を受けている患者(在宅患者を含む)に対し、薬学的管理(患者の副作用の状況の把握、服薬指導等)を行うこと

↑ PAGE TOP